SSブログ
前の10件 | -

7/15(月/祝)老朽原発うごかすな! 能登での反原発のたたかい [イベント紹介]

20240715老朽原発チラシ.jpg

地元高槻で次の講演会があるので、紹介します。

7/15(月・祝)老朽原発うごかすな!
 能登での反原発のたたかい -珠洲と志賀-

 14:00~16:30 クロスパル高槻(JR高槻駅側)5F視聴覚室
 講師:北野 進さん 報告:木原 壯林さん
 資料代:700円 主催:反原発自治体議員団・市民連盟関西ブロック
nice!(0)  コメント(0) 

2024年6月の測定結果について [測定結果]

 6月の測定結果です。
page001.jpg


 ウッドチップについては既に報告しているので、それ以外の主な
検出例について説明します。

<岡山と茨城の干し芋>
 同じ干し芋でも岡山産と茨城産の違いをスペクトル表でみて
もらいます。
 まず<岡山>
20240615岡山干し芋.jpg
 Cs137(331ch)に小さなピークありますが、量は
少なく、検出限界未満(下限値1.3Bq/kg)です。

一方、茨城のものは
20240626茨城干し芋.jpg

 Cs137(331ch)に大きなピーク(赤い縦棒に注意)があります。
K40のコンプトン散乱の補正と重量補正を行い、3.6Bq/kg(下限値は
1.2Bq/kg)です。スペクトルの形状の違いに注目してもらいたいです。

<6/16福島のカレイ>
 大阪で売られていた福島のカレイが持ち込まれました。
202406016福島カレイ.jpg

 数値は0.5Bq/kgとなっていますが、Cs137(331ch)に
ピークはない(マイナス1)し、330chにもピークはないので。
数値は誤検出と考えて良いでしょう。
 何物も予断を入れず測ってみることが大事を改めて確認したいものです。」
※ただ、この測定器ではK40とセシウム134と137しか測ることは
できません。

 お知らせ:8/8(木)~8/18(日)までお盆休みします。

  <測定一覧表を見る上での留意点
※註1 いつも申しておりますが、測定値は絶対的なものでは
ありません。放射線の出具合も同じではないし、測定環境
にも左右されるからです。出ている数値はセシウムの質量では
なく濃度です。(よく勘違いされる方がおられるので念のため)

※註2使用している測定器の6面(4㎝鉛)には別に底辺に厚さ5㎝、他の5面に厚さ2㎝の鉛版で被覆し、
更に、ワインセラーに収納して長時間測定で起きる温度ドリフトを
低減させています。その結果、320g定格ならば、20時間測定で
下限値0.6Bq/kgまで測定できるようになりました。

※註3 本測定所では、「測定値のみを公表」するのではなく、
その根拠となる「スペクトル表」を示すことが責任ある立場と
考えています。もちろん、依頼者にはスペクトル表を
つけて結果をお知らせしています。

※註4 この測定器では、ごく少量のセシウム検出でも信頼性のある値が 得られるのはCs合計値になるようにアルゴリズムが作られています
詳しくは、この記事をお読み下さい。




nice!(0)  コメント(0) 

ウッドチップの測定結果 [測定結果]

 工場は愛知県にあるメーカーのウッドチップ(ブレンド)を
測定したところ、16.5Bq/kg(下限値1.1Bq/kg)を検出したので、
この会社の他のウッドチップを20時間測定してみました。

 結果をご覧下さい。

2024年6月ウッドチップ.jpg

 どれも検出されました。どれも、Cs137(331ch)にピークがあります。重量換算と
K40のコンプトン散乱の補正を行った後の数値です。
チップの原材料の木材の産地表示は(加工品なので)ありません。
 キャンプの季節によく調理する燻製料理のアイテムだけに
注意が必要です。

<クルミ>
20240605ウッドチップ(くるみ).jpg

<リンゴ>
202406014ウッドチップ(リンゴ).jpg

<ナラ>
202406011ウッドチップ(ナラ).jpg

<サクラ>
202406018ウッドチップ(サクラ).jpg

 


 

nice!(0)  コメント(0) 

5月の測定結果 ウッドチップから16.5Bq/kg! [測定結果]

 5月の測定結果をお知らせします。

202405測定一覧.jpg

 主だった検出例を紹介します。

<4/27福島のコゴミ>
20240428福島コゴミ.jpg

 量はすくないものの、セシウムのピーク(331ch)が明確です。
K40のコンプトン散乱の補正と重量換算を行い、1.1Bq/kgとなりました。

<4/28茨城のサツマイモ>
20240429茨城サツマイモ.jpg

 これもCs137のピーク(331ch)がクリアーに出ています。
K40のコンプトン散乱の補正と重量換算を行い、2.5Bq/kgとなりました。

<5/29愛知のウッドチップ(ブレンド)>
20240528ウッドチップ.jpg

 K40のコンプトン散乱の補正と重量換算を行い、16.5Bq/kgとなりました。
 ここが製作する「ウッドチップ」はよくDYIの店舗で売られています。
キャンプ等で燻製を楽しむことも多いと思いますが、
これほどのセシウムは危険です。「新鮮な国内原木使用」と
商品説明ありますが、どの地域の原木を使用しているのでしょうか?

 そこで、この会社の他の材質のウッドチップを自主測定することに
しましたので測定できましたら結果をアップします。

  <測定一覧表を見る上での留意点
※註1 いつも申しておりますが、測定値は絶対的なものでは
ありません。放射線の出具合も同じではないし、測定環境
にも左右されるからです。出ている数値はセシウムの質量では
なく濃度です。(よく勘違いされる方がおられるので念のため)

※註2使用している測定器の6面(4㎝鉛)には別に底辺に厚さ5㎝、他の5面に厚さ2㎝の鉛版で被覆し、
更に、ワインセラーに収納して長時間測定で起きる温度ドリフトを
低減させています。その結果、320g定格ならば、20時間測定で
下限値0.6Bq/kgまで測定できるようになりました。

※註3 本測定所では、「測定値のみを公表」するのではなく、
その根拠となる「スペクトル表」を示すことが責任ある立場と
考えています。もちろん、依頼者にはスペクトル表を
つけて結果をお知らせしています。

※註4 この測定器では、ごく少量のセシウム検出でも信頼性のある値が 得られるのはCs合計値になるようにアルゴリズムが作られています
詳しくは、この記事をお読み下さい。

nice!(0)  コメント(0) 

最高裁の不当判決をただす6・15関西共同行動 [イベント紹介]

20240615関西共同行動ビラ(モノクロ・京都修正版).jpg

++++++++++++++++++++++++++++++++++
 最高裁の不当判決をただす6・15関西共同行動
 「原発事故は、国の責任!」
 一緒に声を上げましょう
(大阪裁判所前集会&梅田パレ-ド)
++++++++++++++++++++++++++++++++++
【日時】6月15日(土)14:00裁判所前アピール集会 14:30梅田パレ-ド
【集合場所】西天満若松浜公園(大阪裁判所前 地図参照)
【プログラム】
 13:30:スタッフ集合
 14:00:アピール集会開始
 14:30:パレード スタート
     (西天満若松浜公園~大阪裁判所西側~西梅田公園)

 2年前の6月17日、「原発事故に国の責任なし」のとんでもなく
非常識で不当な最高裁判決が出されました。そして先月には、
「いわき市民訴訟」の上告が却下されました。最高裁は「憲法違反などではない」と
事故過程の事実認定の再審理を拒絶しました。6・17不当判決を覆す運動を
広げることが急ぎ求められます。
 3月には神戸地裁が「国に責任なし」という、最高裁判決をなぞるような
忖度判決を出しました。控訴審は大阪高裁で審理されます。
大阪地裁でも関西に避難した人たちの原告団が国と東電を相手に係争中です。
そして大阪高裁では5月22日に京都原告団の控訴審が結審し、判決が
待たれる局面です。近畿の原発被害者の3つの裁判が大阪地裁・高裁に集まっています。

 6月17日には、最高裁を抗議の声で包囲するヒュ-マンチェ-ンが、
福島原発事故の被害者・避難者や公害被害者の原告団の共同で取り組まれます。
司法の劣化を止める運動の第一歩です。そして、これに連動して関西でも
大阪地裁・高裁と社会へのアピ-ルの行動を計画しました。ぜひ、ご参加ください。

+++++
 最高裁不当判決をただす関西共同行動実行委員会
 (連絡先)
  原発賠償京都訴訟団(原告団・弁護団・支援する会) 090-8232-1664(奥森)
  原発賠償ひょうご訴訟団 080-1458-5327(松本)
  原発賠償関西訴訟原告団・弁護団・KANSAIサポーターズ 090-8191-7027(久一)
  全交反原発実行委員会 070-5653-7886(小山)


nice!(0)  コメント(0) 

山菜のセシウム汚染 福島第1原発周辺の飯舘村と楢葉町産を測ってみた(東京新聞記事) [ニュース]

 東京新聞が、福島原発周辺の山菜のセシウム測定を行った
記事をアップしている。

 記事はこちら

 当測定所でも、昨年に宮城の山間部で採取され、
市販されている山菜の測定を行ったが、基準値(100Bq/kg)には
至らないも、高濃度の結果が出ている。
 記事はこちら

 セシウムの半減期は30年ですから、当然なのですが、
やはり、食べるのは控えるべきでしょう。内部被曝しますので。


nice!(0)  コメント(0) 

2024年4月測定結果一覧 [測定結果]

 遅くなりましたが、4月度の測定結果をお知らせします。

page001.jpg

 殆どが「存在を確認」(検出限界未満)か「存在は未確認」(不検出)
でした。

 福島県産の魚が手に入ったので、自主測定をしました。

検出原価未満だった<4/22アンコウ>と不検出だった<4/23グチ>の
スペクトルを紹介します。

20240422福島アンコウ.jpg

20240424福島グチ.jpg

 Cs137のピーク(331ch)にはピークは小さいか存在しないとの結果です。
 どんな食べ物も放射能測定してから判断したいものです。

  <測定一覧表を見る上での留意点>
※註1 いつも申しておりますが、測定値は絶対的なものでは
ありません。放射線の出具合も同じではないし、測定環境
にも左右されるからです。出ている数値はセシウムの質量では
なく濃度です。(よく勘違いされる方がおられるので念のため)

※註2使用している測定器の6面(4㎝鉛)には別に底辺に厚さ5㎝、他の5面に厚さ2㎝の鉛版で被覆し、
更に、ワインセラーに収納して長時間測定で起きる温度ドリフトを
低減させています。その結果、320g定格ならば、20時間測定で
下限値0.6Bq/kgまで測定できるようになりました。

※註3 本測定所では、「測定値のみを公表」するのではなく、
その根拠となる「スペクトル表」を示すことが責任ある立場と
考えています。もちろん、依頼者にはスペクトル表を
つけて結果をお知らせしています。

※註4 この測定器では、ごく少量のセシウム検出でも信頼性のある値が 得られるのはCs合計値になるようにアルゴリズムが作られています
詳しくは、この記事をお読み下さい。








nice!(0)  コメント(0) 

野生タラの芽から放射性セシウム、基準値超 北茨城に出荷自粛要請 毎日新聞 報道 2024.04.12 18:50頃 [ニュース]

202404121850 北茨城市で野生タラの芽にセシウム 毎日新聞.jpg

野生タラの芽から放射性セシウム、基準値超
北茨城に出荷自粛要請   毎日新聞 報道  2024.04.12 18:50頃

 以下、毎日新聞の報道内容

茨城県は12日、北茨城市内で採れた野生のタラの芽から食品衛生法の基準値(1キロ
当たり100ベクレル)を超える放射性セシウムが検出され、同市に出荷自粛を要請したと
発表した。県内で野生のタラの芽から基準値を超える放射性セシウムが検出されたのは、
2019年に出荷自粛要請を解除した笠間市以来、2自治体目となった。
県林政課によると、11年の東京電力福島第1原発事故後に行っている出荷前検査で、1
キロ当たり210ベクレルを検出した。野生のキノコやコシアブラの出荷制限は県内の広い
範囲で続いているが、タラの芽の出荷自粛要請は5年ぶり。セシウム137は半減期が長く、
県の担当者は「原発事故の影響と考えている」との認識を示した。

 当測定所でも、持ち込みや自主測定で山菜の測定を行っています。
どうぞ、検体持ち込みや郵送をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 

2024年3月測定結果一覧 [測定結果]

 3月度の測定結果です。一覧をご覧下さい。
page001.jpg

 その殆どが「存在を確認」(検出限界未満)か「存在は未確認」(不検出)
でした。
 唯一の検出例は<福島のあんぽ柿>でしたが、これも
1.7Bq/kg(下限値0.8Bq/kg)と少量の放射性セシウムを
確認しました。
20240312福島あんぽ柿.jpg

 <お願い>
 現在、春の山菜が出回る季節となりました。
汚染された自然の大地から栄養を取る山菜は放射性物質を
よく取り入れるので注意する必要があります。検体持ち込み
を是非お願いします。
 昨年5月の山菜測定結果を参照下さい。

  <測定一覧表を見る上での留意点>
※註1 いつも申しておりますが、測定値は絶対的なものでは
ありません。放射線の出具合も同じではないし、測定環境
にも左右されるからです。出ている数値はセシウムの質量では
なく濃度です。(よく勘違いされる方がおられるので念のため)

※註2使用している測定器の6面(4㎝鉛)には別に底辺に厚さ5㎝、他の5面に厚さ2㎝の鉛版で被覆し、
更に、ワインセラーに収納して長時間測定で起きる温度ドリフトを
低減させています。その結果、320g定格ならば、20時間測定で
下限値0.6Bq/kgまで測定できるようになりました。

※註3 本測定所では、「測定値のみを公表」するのではなく、
その根拠となる「スペクトル表」を示すことが責任ある立場と
考えています。もちろん、依頼者にはスペクトル表を
つけて結果をお知らせしています。

※註4 この測定器では、ごく少量のセシウム検出でも信頼性のある値が 得られるのはCs合計値になるようにアルゴリズムが作られています
詳しくは、この記事をお読み下さい。





nice!(0)  コメント(0) 

2024年1月2月検査結果報告 [測定結果]

 1月は検査事例が少なかったので、2月と一緒に報告します。

page001.jpg

 主な検出例は、<2/6干し芋>です。産地表示がなく
ただ、「国産」のみの表示。スペクトルをご覧下さい。

20240206国産干し芋.jpg

 331chにピークがあります。重量補正とK40のコンプトン散乱の補正を
行って、5.2Bq/kgとなりました。加工品ですが、産地表示は
して欲しいものです。

  <測定一覧表を見る上での留意点>
※註1 いつも申しておりますが、測定値は絶対的なものでは
ありません。放射線の出具合も同じではないし、測定環境
にも左右されるからです。出ている数値はセシウムの質量では
なく濃度です。(よく勘違いされる方がおられるので念のため)

※註2使用している測定器の6面(4㎝鉛)には別に底辺に厚さ5㎝、他の5面に厚さ2㎝の鉛版で被覆し、
更に、ワインセラーに収納して長時間測定で起きる温度ドリフトを
低減させています。その結果、320g定格ならば、20時間測定で
下限値0.6Bq/kgまで測定できるようになりました。

※註3 本測定所では、「測定値のみを公表」するのではなく、
その根拠となる「スペクトル表」を示すことが責任ある立場と
考えています。もちろん、依頼者にはスペクトル表を
つけて結果をお知らせしています。

※註4 この測定器では、ごく少量のセシウム検出でも信頼性のある値が
得られるのはCs合計値になるようにアルゴリズムが作られています。
詳しくは、この記事をお読み下さい。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -