SSブログ
前の10件 | -

2022年4月の測定結果 [測定結果]

 大変遅くなりましたが、4月度の測定結果をお知らせします。
一覧表です。

202204.jpg

 主な検出例を紹介します。

<4/2福島ご飯の素>
20220402福島雑穀ご飯の素.jpg

 重量換算K40コンプトン散乱補正で8.1Bq/kg(下限値3.6Bq/kg)
となりました。但し、定格の320gに不足しているので
あくまで参考値とお考え下さい。
 数種の雑穀やキノコ等が入った炊き込みご飯用の素材です。
なので、どの品目が汚染されているのかまでは特定できません。

<4/11茨城のサツマイモ>
20220411茨城サツマイモ.jpg

 K40のコンプトン散乱の補正で2.8Bq/kgを検出。
まだまだ、セシウムが存在します。根菜類では、土壌に含まれる
セシウムの植物への移行率は他と比べると高いといわれます。
土壌汚染はまだまだ続いています。
 なにせ、セシウム137の半減期は30年ですし。

 5月の無料測定会は5/30(月)10時からです。
ご参加お待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 

5/15(日)京都・市民放射能測定所 開設10周年のつどい [イベント紹介]

 開設10年を迎える京都・市民放射能測定所は関西で初めて
市民測定所を開設。数々の先駆的な取り組みを行っている。
その測定所が10周年を迎える。

京都・市民放射能測定所 開設10周年のつどい
【日時】5月15日(日)10時30分開始 16時40分終了予定
【場所】呉竹文化センター 創造活動室 (オンラインでの参加も可)
(京阪・近鉄『丹波橋駅』出口西側すぐ)

会場でもオンライン(ZOOM)でも参加は無料です。
ZOOM参加ご希望の方は、下記(こくちーず)からお申込みください。
https://www.kokuchpro.com/event/sokutei10/

【内容】
【午前の部】
 10時30分 開始
  主催者あいさつ、会員総会
 11時 映画上映  『逃げ遅れる人々 東日本大震災と障害者』

【昼休み企画】
 12時20分~13時30分
 展示、食品の測定方法の紹介、ホットスポットファインダーの説明と実演など

【午後の部】
 13時30分 記念講演 『福島原発事故11年間の状況』
  講師:桑原豊さん(福島県浪江町から避難中 原発放射線管理員実務経験者)
 14時40分 トークカフェ『それぞれの10年』 
 15時40分 河野康弘さんのピアノ企画
 16時40分 終了予定

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

京都・市民放射能測定所をご支援くださっているみなさま。
この5月で当測定所も開設10周年を迎えることになります。
その記念のつどいを開催します。

 いま、原発を60年超えてでも運転しようとか、「次世代原子炉」の
開発とか、福島事故の反省もない動きが続いています。
 放射能汚染による健康被害を完全否定する動きも強まっています。
 汚染水を平然と海洋放出する動き。原発事故はいまだに収束
しておらず、放射能汚染も続いています。

 だからこそ、京都測定所の設立時に私たちが目指したように、
長期にわたって測定所の活動を継続していくために、
これまでの10年を振り返り、そして今後10年の活動を構
想するつどいにしたいと考えています。
 測定所の会員になって頂いた方、協力していただいた方、
全ての方に参加していただきたいと思います。ぜひ、ご参加ください。

ご不明点があれば、お問い合わせください。
070-5664-2713(佐藤)
satokazu@wave.plala.or.jp

よろしくお願いします。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都・市民放射能測定所
〒612-0066 京都市伏見区桃山羽柴長吉中町55-1コーポ桃山105号
TEL/FAX 075-622-9870
E-mail:shimin_sokutei@yahoo.co.jp
http://nukecheck.namaste.jp/
http://crmskyoto.exblog.jp/
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


nice!(0)  コメント(0) 

お知らせ(GW中の閉所期間と5/30無料測定会) [日頃の活動]

page001.jpg 

GW中は、4/29(金)~5/5(木)まで閉所いたします。
再開は5/6(金)より平常に戻ります。

 また、5月の無料測定会は5/30(月)に行います。
ご希望の方は、検体320gを用意の上、測定所まで
お申し込み下さい。
nice!(0)  コメント(0) 

2022年3月の測定結果について [測定結果]

 3月の測定結果を報告します。

page001.jpg

 主な検出例を紹介します。

<3/19福島のあんぽ柿>
20220319福島あんぽ柿.jpg

 これまでも毎年複数例測定していますが、どの個体でも
セシウム検出しています。まだ汚染は残っています。
K40のコンプトン散乱の補正と重量補正で1.7Bq/kg。
但し下限値は0.8Bq/kgです。

<3/21、22千葉の殻付き落花生>
 食用部分を粉末にして測定。年のため2回測定しましたが、
共に「存在未確認」(不検出)でした。更に、殻部分を
同じく粉末にして測定しました。

20220322千葉落花生殻部分.jpg

 K40のコンプトン散乱の補正と重量補正で6.1Bq/kg(下限値3.8Bq/kg)
但し、検体の量が少ないので、あくまで参考値となります。
 落花生はご存じのように地中に結実します。土に含まれた
セシウムの植物への移行率はその種類によって異なります。
この落花生は、土中のセシウムは移行していなかったと考えて
良さそうです。但し、殻は素手で触らない方が賢明です。

 4月の無料測定会は4/19(火)10時から行います。

<測定一覧表を見る上での細部留意点>

※註1 いつも申しておりますが、測定値は絶対的なものでは
ありません。放射線の出具合も同じではないし、測定環境
にも左右されるからです。出ている数値はセシウムの質量では
なく濃度です。(よく勘違いされる方がおられるので
念のため)

※註2使用している測定器の6面(4㎝鉛)には別に底辺に厚さ5㎝、他の5面に厚さ2㎝の鉛版で被覆し、
更に、ワインセラーに収納して長時間測定で起きる温度ドリフトを
低減させています。その結果、320g定格ならば、20時間測定で
下限値0.6Bq/kgまで測定できるようになりました。

※註3 本測定所では、「測定値のみを公表」するのではなく、
その根拠となる「スペクトル表」を示すことが責任ある立場と
考えています。もちろん、依頼者にはスペクトル表を
つけて結果をお知らせしています。

※註4 この測定器では、ごく少量のセシウム検出では信頼性のある値が
得られるのはCs合計値になるようにアルゴリズムが作られています。
詳しくは、この記事をお読み下さい。

 

nice!(0)  コメント(0) 

2022年2月の測定結果について [測定結果]

 遅くなりましたが、2月の測定結果についてお知らせします。

page001.jpg

<1/29、2/1福島凍み餅>
 山形県産の「ヤマゴボウ」の葉を練り込んだ餅を屋外で
乾燥させた物で福島の特産品だそう。あまりの堅さに
驚きました。わずかにセシウムのピークはあるものの
「検出限界未満」と判断できました。

<2/17、18の茨城さつまいも>
 それぞれ異なるスーパーで売られていたもの。具体的な
地域は不明です。
 スペクトル表をご覧下さい。
20220219茨城さつまいも2.jpg
 Cs137のピーク(331ch)があります。K40のコンプトン散乱の補正と
重量補正を行い、1.9Bq/kgとなりました。

<2/19福島のめひかり>
 「めひかり」は福島のスーパーでよく売られている
小魚。姿が少しグロテスクですが、非常に美味しい
とのことです。
20220222福島めひかり.jpg

 Cs137(331ch)にピークがありので検出です。
重量補正を行い、1.5Bq/kgとなりました。

<2/24新潟のマイタケ>
20220224新潟マイタケ.jpg

 Cs137(331ch)にピークあります。K40のコンプトン散乱補正、
重量補正して2.3Bq/kgとなりました。
 因みにここのマイタケについては、過去に何回か測定例があります。
 2018年4/3測定4.0Bq/kg 2019年9/23測定1.6Bq/kgです。

 今回もセシウムを検出しています。菌床での屋内栽培と
思われるので、汚染源はオガクズ、米ぬかなどの菌床に
汚染があったと考えるしかありません。

<2/28滋賀の原木椎茸>
 原木の産地は滋賀県とのこと。検出です。
1.7Bq/kgです。
20220227滋賀原木椎茸.jpg

 これまでも多くの原木椎茸を測定しましたが、
検出するか否かの第1は「どこの原木を使用しているか」
ですが、西日本産地の原木でも検出例はありました。
 核実験やチェルノブイリ事故の影響を受けていることが
仮説そして考えられます。

 3月の無料測定会は3/29(火)10時~です。
お一人1品申し受けます。

<測定一覧表を見る上での細部留意点>

※註1 いつも申しておりますが、測定値は絶対的なものでは
ありません。放射線の出具合も同じではないし、測定環境
にも左右されるからです。出ている数値はセシウムの質量では
なく濃度です。(よく勘違いされる方がおられるので
念のため)

※註2使用している測定器の6面(4㎝鉛)には別に底辺に厚さ5㎝、他の5面に厚さ2㎝の鉛版で被覆し、
更に、ワインセラーに収納して長時間測定で起きる温度ドリフトを
低減させています。その結果、320g定格ならば、20時間測定で
下限値0.6Bq/kgまで測定できるようになりました。

※註3 本測定所では、「測定値のみを公表」するのではなく、
その根拠となる「スペクトル表」を示すことが責任ある立場と
考えています。もちろん、依頼者にはスペクトル表を
つけて結果をお知らせしています。

※註4 この測定器では、ごく少量のセシウム検出では信頼性のある値が
得られるのはCs合計値になるようにアルゴリズムが作られています。
詳しくは、この記事をお読み下さい。


 
nice!(0)  コメント(0) 

上牧・鵜殿のヨシ原の再生に向けて [ニュース]

yoshihara1.jpg

 測定所のある高槻・上牧本澄寺の近くの淀川水系には
雅楽の楽器「篳篥」(ひちりき)のリードに使用する
良質なヨシが生育していた。しかし、昨年秋に全滅してしまったそう。

 このままでは、永年にわたり受け継がれてきた雅楽が
途絶えてしまう危険性があります。

 そのため、「雅楽協議会」は上牧・鵜殿の地域の人々と
協力してヨシ原の再生事業を始めました。

 測定所でもこの事業に微力ながら、協力することにしました。
詳細はチラシをご覧下さい。

yoshihara2.jpg
 

 
nice!(0)  コメント(0) 

2022年1月の測定結果 [測定結果]

 2022年1月の測定結果をお知らせします。

一覧表をご覧下さい。測定数が少なかったので、
2回測定を行ったものあります。なので、数値の出ているものは
平均値を記載しています。

202201.jpg

 比較的数値の大きかった検出例を紹介します。

<1/17群馬のほうれん草>
 20220117群馬ほうれん草.jpg

 Cs137(331ch)に小さなピーク(赤い縦棒)があります。
K40のコンプトン散乱の補正と重量補正をして
2.1Bq/kgとなりました。野菜に付着したセシウムは
よく洗浄することで幾分濃度がさがります。
 食べる時はよく洗うことを薦めます。

<1/29福島のあんぽ柿>
 福島県の西側の都市で作られた干し柿です。
20220128福島あんぽ柿.jpg

 Cs137(331ch)にピークがあります(赤い縦棒で示されている)
非常に大きなピークです。K40のコンプトン散乱の補正しても
3.8Bq/kgもありますした。これまで毎年あんぽ柿は測定していますが、
事故後10年経過してもこれだけのセシウムが検出されることに
注意が必要です。

 一旦体内に取り込まれた放射性物質は簡単には
体外に排出されません。体内に留まった放射性物質は
そこで放射線を出し、付近の細胞を傷つけます。
その影響は長い年月を経て健康に悪影響を与えるのは周知の事実。
 放射性物質をできるだけ体内に取り込まないように
心がけることが大切と考えます。
 そのためにも、心配な時は、是非一度食品検査をお薦めします。

 2月の無料測定会は2/22(火)10時からです。
 また、郵送・宅配による検体持ち込みも現在行っています。
詳しくはこちらをご覧下さい。

<測定一覧表を見る上での細部留意点>

※註1 いつも申しておりますが、測定値は絶対的なものでは
ありません。放射線の出具合も同じではないし、測定環境
にも左右されるからです。出ている数値はセシウムの質量では
なく濃度です。(よく勘違いされる方がおられるので
念のため)

※註2使用している測定器の6面(4㎝鉛)には別に底辺に厚さ5㎝、他の5面に厚さ2㎝の鉛版で被覆し、
更に、ワインセラーに収納して長時間測定で起きる温度ドリフトを
低減させています。その結果、320g定格ならば、20時間測定で
下限値0.6Bq/kgまで測定できるようになりました。

※註3 本測定所では、「測定値のみを公表」するのではなく、
その根拠となる「スペクトル表」を示すことが責任ある立場と
考えています。もちろん、依頼者にはスペクトル表を
つけて結果をお知らせしています。

※註4 この測定器では、ごく少量のセシウム検出では信頼性のある値が
得られるのはCs合計値になるようにアルゴリズムが作られています。
詳しくは、この記事をお読み下さい。

nice!(0)  コメント(0) 

2/6(日)オンラインお話会  地脇聖孝さんに聞く! [イベント紹介]

つながろうフクシマつながろう避難者の会お話会.jpg

 次のイベントを紹介いたします。

2/6(日)つながろうフクシマつながろう避難者の会  オンラインお話会  地脇聖孝さんに聞く! -福島原発事故から 11 年の検証と今後の希望-

日時:2022 年 2 月 6 日(日) 14:00~
会場:会場での参加を希望される方は、茨木市クリエイトセンターにお越しください
*ZOOM 参加ご希望の方
 tenka1600wakeme@gmail.com (山下)
上記アドレスにお申込みください。後日 zoom ミーティング ID、パスコードを
お知らせします
主催: つながろうフクシマつながろう避難者の会
山下 090-4300-2958  山本 080-9603-1032

 講師の地脇氏は測定所開設1周年イベントで講演を
して頂きました。当時福島在住で地元とならではの
話しに私自身驚愕したことを思い出します。
 

nice!(0)  コメント(0) 

2022年1/18(火)無料測定会のお知らせ [日頃の活動]

 新年明けましておめでとうございます。
測定所は1/4より普通業務に戻っています。
測定依頼をお待ちしております。
 なお、2022年1月の無料測定会は1/18 (火)10時から
行います。チラシ写真を参考にお申し込み下さい。

page001.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

2021年12月の測定結果について [測定結果]

 2021年12月の測定結果をお知らせします。

 2021年は新型コロナ禍もあり、検査依頼が減少しました。
 そのため、これまで依頼を断っていた「郵送・宅配」による 検査依頼も始めました。

 12月の検査結果一覧をご覧下さい。

2021.12.jpg

主な検出例を紹介します。

<12/12栃木の混合米>
2021222栃木混合米.jpg

 白米、黒米、緑米、赤米などが混合している
お米を測定。これは独自に2回20時間測定しました。
1回目は1.4Bq/kg、2回目は1.6Bq/kg、平均で1.5Bq/kg。
Cs137(331ch)にピークが明瞭ですので検出です。

<12/21、25の大分白米>
 12/21の測定では、0.8Bq/kg(下限値0.6Bq/kg)ほど
ありましたので、後日、この白米をよく洗浄して
再測定してみました。やはり、予想通り「検出限界未満」と
なりました。
 これまでも経験から多少のセシウムはよく
水洗いですることが減衰することがわかっています。
お試し下さい。

<12/27滋賀のスモークチップ(桜)>

 滋賀県産のスモークチップです。1回目は4.3Bq/kg、
2回目は3.3Bq/kgでした。しかし、チップは非常に軽く
嵩張るので、容量が定格の320gに届かない80g程度でしたので、
参考値扱い。そこで、依頼者と相談してチップを粉砕して
粉状にして定格の320gに近づけるように190gまで増量(これとて
嵩張りがあるので測定室に定格320gまでは入らない)して
3回目の測定を実施。

スペクトルをご覧下さい。

20211227滋賀スモークチップ(粉状).jpg

 Cs137のピークがあるので、検出です。重量補正と
K40のコンプトン散乱の補正を行い、1.8Bq/kgと
なりました。これも定格320gに足らないのであくまで
参考値ですが、3回の測定のうち一番正確だろうと
思います。日本の樹木は大気中核実験、チェルノブイリ事故、
そして福島原発事故の影響で一定程度汚染されていることは
前提とすべきだと考えます。

 このように、当測定所では、必要とあらば同じ検体を 複数回することで、測定の信頼性を担保するように努力しています。

 2022年もどうぞ、測定依頼をお待ちしています。郵送・宅配に
よる検体持ち込みもできますので。

<測定一覧表を見る上での細部留意点>
※註1 いつも申しておりますが、測定値は絶対的なものでは
ありません。放射線の出具合も同じではないし、測定環境
にも左右されるからです。出ている数値はセシウムの質量では
なく濃度です。(よく勘違いされる方がおられるので
念のため)

※註2使用している測定器の6面(4㎝鉛)には別に底辺に厚さ5㎝、他の5面に厚さ2㎝の鉛版で被覆し、
更に、ワインセラーに収納して長時間測定で起きる温度ドリフトを
低減させています。その結果、320g定格ならば、20時間測定で
下限値0.6Bq/kgまで測定できるようになりました。

※註3 本測定所では、「測定値のみを公表」するのではなく、
その根拠となる「スペクトル表」を示すことが責任ある立場と
考えています。もちろん、依頼者にはスペクトル表を
つけて結果をお知らせしています。

※註4 この測定器では、ごく少量のセシウム検出では信頼性のある値が
得られるのはCs合計値になるようにアルゴリズムが作られています。
詳しくは、この記事をお読み下さい。






nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -