SSブログ

野生タラの芽から放射性セシウム、基準値超 北茨城に出荷自粛要請 毎日新聞 報道 2024.04.12 18:50頃 [ニュース]

202404121850 北茨城市で野生タラの芽にセシウム 毎日新聞.jpg

野生タラの芽から放射性セシウム、基準値超
北茨城に出荷自粛要請   毎日新聞 報道  2024.04.12 18:50頃

 以下、毎日新聞の報道内容

茨城県は12日、北茨城市内で採れた野生のタラの芽から食品衛生法の基準値(1キロ
当たり100ベクレル)を超える放射性セシウムが検出され、同市に出荷自粛を要請したと
発表した。県内で野生のタラの芽から基準値を超える放射性セシウムが検出されたのは、
2019年に出荷自粛要請を解除した笠間市以来、2自治体目となった。
県林政課によると、11年の東京電力福島第1原発事故後に行っている出荷前検査で、1
キロ当たり210ベクレルを検出した。野生のキノコやコシアブラの出荷制限は県内の広い
範囲で続いているが、タラの芽の出荷自粛要請は5年ぶり。セシウム137は半減期が長く、
県の担当者は「原発事故の影響と考えている」との認識を示した。

 当測定所でも、持ち込みや自主測定で山菜の測定を行っています。
どうぞ、検体持ち込みや郵送をお待ちしています。

nice!(0)  コメント(0) 

2024年3月測定結果一覧 [測定結果]

 3月度の測定結果です。一覧をご覧下さい。
page001.jpg

 その殆どが「存在を確認」(検出限界未満)か「存在は未確認」(不検出)
でした。
 唯一の検出例は<福島のあんぽ柿>でしたが、これも
1.7Bq/kg(下限値0.8Bq/kg)と少量の放射性セシウムを
確認しました。
20240312福島あんぽ柿.jpg

 <お願い>
 現在、春の山菜が出回る季節となりました。
汚染された自然の大地から栄養を取る山菜は放射性物質を
よく取り入れるので注意する必要があります。検体持ち込み
を是非お願いします。
 昨年5月の山菜測定結果を参照下さい。

  <測定一覧表を見る上での留意点>
※註1 いつも申しておりますが、測定値は絶対的なものでは
ありません。放射線の出具合も同じではないし、測定環境
にも左右されるからです。出ている数値はセシウムの質量では
なく濃度です。(よく勘違いされる方がおられるので念のため)

※註2使用している測定器の6面(4㎝鉛)には別に底辺に厚さ5㎝、他の5面に厚さ2㎝の鉛版で被覆し、
更に、ワインセラーに収納して長時間測定で起きる温度ドリフトを
低減させています。その結果、320g定格ならば、20時間測定で
下限値0.6Bq/kgまで測定できるようになりました。

※註3 本測定所では、「測定値のみを公表」するのではなく、
その根拠となる「スペクトル表」を示すことが責任ある立場と
考えています。もちろん、依頼者にはスペクトル表を
つけて結果をお知らせしています。

※註4 この測定器では、ごく少量のセシウム検出でも信頼性のある値が 得られるのはCs合計値になるようにアルゴリズムが作られています
詳しくは、この記事をお読み下さい。





nice!(0)  コメント(0)