SSブログ
検査機器とそのチェック ブログトップ
前の10件 | -

シンメトリック社5Bq試料測定による機器チェック [検査機器とそのチェック]

 本測定所の検査機器が正しく測定できているかを私たちは
定期的にチェックしています。
一つは国立研究開発法人産業技術総合研究所製作の
81g、85Bq/kg標準玄米」を測定することです。
 詳しくはこちらをご覧下さい。

 もう一つは機器製作会社(シンメトリック社)の
「5Bq/kg標準米」を使ったチェックです。
※シンメトリック社は放医研や産総研にも検査機器の
納入実績のあるメーカーです。

 この「標準米」は2015年4/1段階で、Cs137が3.89Bq/kg、
Cs134が1.11Bq/kg、合計5Bq/kgの標準米です。
Csは経年減衰していきます。
 2020年5/8段階の推定理論値はCs137が3.46Bq、
Cs134が0.20Bq、合計3.66Bqです。

 20時間測定の検査結果のスペクトルがこれです。

20200508シンメトリック社5bq試料.jpg
 Cs137(331keV、302keV)、Cs134(398keV)の
「セシウム3兄弟」のピークが明瞭です。K40のコンプトン
散乱を補正するとCs合計は3.4Bq±0.2Bqとなりました。

※毎度指摘しておりますが、測定が正しいか否かは
その数値を裏付けるスペクトル表が必須です、セシウムの
ピークの有無はスペクトル表でしか判断できません。
※数ベクレルのような微量なセシウムを検出するには
微量線源の試料の測定が欠かせません。本測定所では
機器製作会社製作の「5Bq試料(現在は3Bq程度に減衰)」を
測っています。






nice!(0)  コメント(0) 

シンメトリック社5Bq試料 [検査機器とそのチェック]

 本測定所では、シンメトリック社の5Bq試料(白米)を定期的に測定して、
機器の状態をチェックしています。

 2015年4月1日Cs137が3.89Bq 、Cs 134が1.11Bqで合計5Bqの試料。
 2019年10/12段階の理論値はCs 137が3.51Bq、Cs 134が0.24Bqで
合計3.75Bq です。

20191012シンメトリック5Bq試料.jpg

 スペクトル表をご覧ください。ほぼ正確に測れていると言えるでしょう。
産総研の85Bq試料測定はこちらをご覧ください。
nice!(0)  コメント(0) 

シンメトリック社5Bq/kg試料測定 [検査機器とそのチェック]

 本測定所の検査機器が正しく測定できているかを定期的に
チェックしています。一つは「国立研究開発法人産業技術総合研究所の
『81g、85Bq/kg標準玄米」を測定することです。
 詳しくはこちらをご覧下さい。

もう一つは機器製作会社の「5Bq/kg標準米」を使ったチェックです。
 2015年4/1段階で、Cs137が3.89Bq/kg、Cs134が1.11Bq/kg、合計5Bq/kgの
標準米です。Csは経年減衰していきます。
2019年7/4段階の理論値はCs137は3.52Bq/kg、Cs134は0.27Bq/kg、合計3.79Bq/Kgです

チャートをご覧下さい。
シンメ5Bqチェック.jpg

 Cs137(331ch)、Cs134(302ch、389ch)にもしっかりピークがあります。
K40コンプトン散乱の影響を補正すると、All-Csは3.698≒3.7Bq/Kgと
なりました。念のため7/2、3にも測定しましたが、3.7~3.8Bq/Kgでした。

2つのセシウムもK40もピークをしっかり捉えています。

 8月もドンドン測定します。

nice!(1)  コメント(0) 

シンメトリック社5Bq試料の測定(2019年3/26)とGWお休みのお知らせ [検査機器とそのチェック]

 本測定器zipの製造元のシンメトリック社が作成した
「5Bq試料」を定期的に測定し機器のチェックを
しています。2019年3/26の測定結果です。20時間測定
しました。チャートをご覧下さい。
 
20190326シンメ試料.jpg

 2015年4/1段階でCs137が3.88Bq、Cs134が1.11Bqの合計5Bqでした。
セシウムは経年低減していきます。
 2019年3/26の推定理論値は、Cs137は3.55Bq、Cs134が0.29Bqの
合計3.84Bqです。

 K40かさ上げ補正をすると3.87Bq/Kgとなりました。両セシウムの
比は理論値は12:1くらいですが、測定値では大凡10:1と
なっています。
 現在4Bq/Kg程度の試料と考えると、かなり正確な測定結果と
考えてもよいと思います。今後とも、正確な測定を心がけたいと
思います。

 GW期間中の測定所は、4/27(土)~5/6(月)は お休みしますが、測定希望ある時は、本澄寺にお電話
下さい。できるだけ対応したいと思います。ただし、結果は
5/7(火)以降しかお知らせできませんが。
 本澄寺072-669-1897
 メールでの問い合わせ hsnk@tcn.zaq.ne.jp

nice!(0)  コメント(0) 

キャリブレーション [検査機器とそのチェック]

 測定する上で機器が正しく放射性物質を捕らえている
否かを事前にチェックしておく必要があります。
これを「キャリブレーション」と呼びます。zipでのその
やり方を説明します。

 2つある測定室の片方に炭酸カリウムを入れ、片方にセシウムを
入れて、K40が1460KeV(730ch)、Cs137が662KeV(331ch)に
ピークが合っているかをチェックします。合っていないときは
調整ネジを廻して調整します。

 ちなみにこのセシウムは、原発事故翌年に東京(新宿)の歩道上の
土をかき集めてサンプルにしたものです。

20180606キャリブレーション.jpg

 Cs137とK40のピークが正確にあっていることが
わかります。この作業を定期的に行って測定しています。

 また、以前にも触れましたが、「5Bq試料」の測定も定期的に
行い、測定の正確性を確認していることを付け加えておきたいと
思います。

 6/17(日)は測定所開設5周年の集いを行います。
皆さまのご参加をお待ちしています。

page001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

Zip測定環境の改善について [検査機器とそのチェック]

 どの種類の測定器でも、1.自然放射能の影響排除と
2.測定室温度管理が一番難しい。

 私どものヨウ化セシウムのシンチレーションZip
では、1については、機器(それ自体が4㎝の厚さの鉛に覆われていて
本体50kgあるが)そのものの6面を汚染されていない
鉛板2㎝(底部は更に5㎝)の鉛板で覆って、それなりの効果を上げていました。

1483429698511.jpg

 2.については、本来はエアコンを年間通して
使用すれば良いのですが、電気代負担は大きいものが
あります。測定料金を低く抑えるには、ランニングコストは
できるだけ下げなければなりません。

 そこで、これまでは機器を木箱に収納し
ペルチェ素子を使って、温度調節をしてきました。

20160414_094933.jpg

 しかし、安定性に懸念があることから、思い切って
「恒温器」の中にZipを収納して測定温度を一定に
できないか?と考えました。しかし、実験用の「恒温器」は
非常に高価ですので、私どもは、それに代用品として
「ワインセラー」を購入することにしました。

 製品段階で底や周囲は4㎝の鉛板で覆われている。
しかし、当測定所ではこれに加えて、底部や周囲には
厚さ2㎝粒状鉛で覆っていた。底からの自然放射能の影響が
まだ見られた(K40の値が比較的多い)ために底部には
更に厚さ5㎝の鉛板での遮蔽を施している。そのため
結局、底部は4㎝+2㎝+5㎝=11㎝の鉛、周囲は
6㎝の鉛で遮蔽となった。

 この年末年始に遮蔽用の鉛含めて総重量約170kg
の機器を分解した後にワインセラーへの再収納作業を
行いました。そして、デモ測定を繰り返し、これまでより
明らかに良好な測定結果を得ることができました。
(年末年始含めてZIpの2度の分解と収納を
行った結果、閉所期間が長くなりました)

20170112_121611.jpg

 これにより、検体を入れるbox付近は冬場は16度前後、夏場は
20度前後に安定させることができるようになりました。

 2017年1/11から本格的に測定所を再開します。

 放射能汚染が心配なときには
 コーヒー一杯を飲むつもりで1品500円で測定を!

 12月の測定結果の整理が遅れています。
すいません。近日中にアップします。

zip測定能力のチェック [検査機器とそのチェック]

 当測定所が使用しているCsIシンチレーションZip
わずか320gの検体で10時間測定することで
ほぼ下限値0.6~0.9Bq/kgまで測定が可能という
優れものです。

 私たちは、このシンメトリック社Zipの測定能力を
次の試料を使って定期的にチェックしています。

20160915_104517.jpg

  シンメトリック社の2015年4/1提供の「5Bq/kg試料」です。
この試料は、 「Cs137が3.89Bq、Cs134が1.11Bq、 合計5Bq」と
いうもの。一級の検査技師でもある野中社長が作成したものです。

 両Csともご存じのように放射線を出して
崩壊していきます。(半減期はそれぞれ30年と2年)

 <2016年9/1測定結果>

 2015年4/1から518日経過しています。その時点での
Cs量は理論値では、
Cs137が3.77Bq、Cs134が0.7Bqで、合計4.47Bqと
なっています。

 スペクトル表を見てみましょう。

20160902-5Bq試料.jpg

 Cs137は4.0Bq/kg、Cs134は0.5Bq/kg、合計4.5Bq/kgと
なりました。若干の誤差はありますが、ほぼ理論値と
同じ結果が出ました。

 確かな試料を使って測定能力をチェックし、それを 公開することは非常に大切であると私たちは
考えています。

 測定への信頼に関わるものと思います。

測定器Zip-Aの温度制御等について [検査機器とそのチェック]

 高槻・市民放射能測定所のZIP−Aのメインテナンスが
終わりましたので報告します。
まず、改善点1は10時間計測の間の温度変化によるピークの移動ゆらぎを下げて、
測定能力を更にアップするため温度制御をできる箱を作りました。

20160406_144335.jpg

デジタルサーモスタット、
20160414_094917.jpg


ペルチェ素子(ファンが組み立てられたもの)
20160414_094933.jpg

直流電源、リレー、市販のボックスなどで温度制御箱を
手作り作製。ペルチェ素子内部を暖房されたり、冷房されたりする
半導体です。ヒーターを使わないので火災の心配がありません。
サーモスタットはプラスマイナス1度で設定できます。
電極の切り替えはなリレーを買ってきてサーモスタットに
つなぎ、ON OFFの動作で電極が切り替わるようにしています。

 ペルチェ素子の消費電力は60Wですのであまり温度差が大きいと
足りないかも知れません。夏にかけて様子を見て、箱の外側を
さらに断熱するか判断したいと思います。

18度に設定したので、エアコンを入れる前は17−18℃を
行ったり来たりしていましたが、22度のエアコンを入れると
19度に張り付いてしまいました。

 これで10時間計測の間の温度変化によるピークの移動ゆらぎという
難題から解放されて、微量濃度の品物の検出感度が上がるのでないかと
期待しています。

 もう一つの改良は、Zip-AとMCAをつなぐケーブルに
最近製造元のシンメ社が開発した「ノイズフィルター回路付き ケーブル
(少々高額だったが)を使用しました。
 まだ、最終的な判断はできないのですが、新しいケーブルに
交換してCs134の605keVのピークが肩ピークになって
出てきたのです。明らかに分解能が向上しましたと思います。

 以上、温度制御箱とノイズフィルター付きケーブルの採用で
更に測定能力アップしたZip-Aでどんどんと測定していきます。

 内部被曝を防ぐために1品500円で測定します。
コーヒー1杯を飲むつもりで食品の測定を!

シンメトリック社5Bq試料の測定結果 [検査機器とそのチェック]

 2/5の記事でも紹介しましたが、改めて
当測定所が使用しているシンメトリック社の
CsIシンチレーションZipの測定能力について
説明します。

 ZiPはわずか320gの検体で10時間測定することで
ほぼ下限値0.9Bq/kgまで測定が可能という優れものです。

 当測定所では鉛遮蔽を強化したことで、検体によれば
下限値0.6Bq/kgまで測定が可能になりました。

 その証拠をお見せします。

 私たちは、シンメ社が提唱する「5Bq 試料」を定期的に
測定することで、機器の測定能力を検証することに
しています。
 
 2016年1/22の「5Bq試料」の結果は次のようです。

20160122sinme5Bq.jpg

 シンメトリック社提供の2015年4/1提供の「5Bq試料」は
「Cs137が3.89Bq、Cs134が1.11Bq、 合計5Bq」というもの。

 両Csともご存じのように放射線を出して
崩壊していきます。(半減期はそれぞれ30年と2年)

 測定した2016年1/22段階では、2015年4/1から297日
経過しています。その時点でのCs量は理論値では、
Cs137が3.81Bq、Cs134が0.84Bqで、合計4.65Bqと
なっています。

 検査結果を見てほしい。
 理論値とは少し違いがあるものの、ほとんど微細な
誤差です。Cs総量は4.6Bqで全く正確な数値をたたき出して
います。私たちは単に測定数字を出すだけでなく、その
根拠となる「スペクトル表」を提示することが測定所の
「良心」だと思っています。

 私たちはシンメトリック社のZip測定機を使った 「1品320g、10時間測定で1Bqまで測定」に少なからず自信を 持っていることを改めて表明します。




放射能測定の正確性を高めるために鉛による遮蔽を強化 [検査機器とそのチェック]

 放射能測定、特に低レベルの放射能測定での
最大の問題は「自然放射能」の存在だ。
だから、より正確に測定するためには、可能な限り
自然放射能の影響を取り除く必要がある。
そのためには鉛による遮蔽が重要であることは
常識だ。

 高槻の測定器(zip)は下限値1Bq/kg(10時間測定)の
優れもの。製品段階で底や周囲は4㎝の鉛板で覆われている。
しかし、当測定所ではこれに加えて、底部や周囲には
厚さ2㎝粒状鉛で覆っていた。

しかし、底からの自然放射能の影響がまだ見られた
(K40の値が比較的多い)ために今回、底部に
更に厚さ5㎝の鉛板での遮蔽を施した。
結局、底部は4㎝+2㎝+5㎝=11㎝の鉛、周囲は
6㎝の鉛で遮蔽となった。

 鉛は非常に毒性のある金属。しかもやわらかいので
手でこすったりすると微細な粒子が付着して皮膚
からも吸収されていく危険性も。子どもだけでなく大人にも
中枢神経毒悪影響を及ぼす可能性があるので
慎重な作業を要した。

DSC_2_s.JPG
新規購入した厚さ5㎝の鉛板を慎重に
テープで固定。

 これを機器の底部に据え付け(これで約60Kg)
zipをこの上にのせた。重さは、
機器50㎏+粒状鉛60㎏+鉛板60㎏=170㎏
となった。

20150717_121730.jpg

 この遮蔽強化により、より正確な測定が
可能になると思われます。
乞うご期待です。


前の10件 | - 検査機器とそのチェック ブログトップ