SSブログ

2024年1/6(土)から年始活動再開! [日頃の活動]

 新年開けましておめでとうございます。
新年1/6(土)より測定所再開しています。

 正月早々、北陸地方を襲った地震で被災されている方々に
お見舞い申し上げます。
 この日の高槻での揺れは、ゆっくりと横に何度かゆれ
その後に前後に揺れるような状況でした。阪神大震災や
茨木を震源とした地震に比べて揺れは小さかったが、
東北大震災の時を思い起こさせる揺れだった。

 志賀原発は幸い停止中であったが、外部電源の一時喪失
があったとの報道がありました。

 一番被害の大きい珠洲市では、その昔、原発建設計画が
持ち上がり、幸いにして地元住民の反対で計画は撤回された
歴史があります。

 もし、ここに原発が作られていたら「陸の孤島」となっていた
だろうことを思うと、ぞっとします。フクイチ事故のような深刻な
事故であれば北陸、中部、近畿は壊滅的な被害を受けていただとう
と思います。

 若狭湾周辺は「原発銀座」です。改めて原発廃炉を訴えたいと
思います。

 今年もよろしくお願いいたします。
nice!(0)  コメント(0) 

2011福島原発事故での福島からの避難者の証言(字幕付き) [日頃の活動]

 2011福島原発事故での福島から大阪への避難者の証言を
紹介します。約13分程度の証言です。

YouTube動画の紹介です、 英語訳の字幕がついています。


nice!(0)  コメント(0) 

10/10基準値超えの岩手アミタケを県に通知 年末年始お休み等 [日頃の活動]

 お知らせ2件

1.10/10測定の岩手アミタケは国の基準を遙かに超える
492.1Bq/kg(下限値20Bq/kg)を検出したので、高槻保健所を
通じて岩手県の保健所に通知してもらいました。

岩手アミタケ.jpg
20231010岩手アミタケ.jpg

 このアミタケは個人で採取し、フリマアプリで販売された
ものでした。個人の出品なので、放射能検査も行っていないと
思われたからです。

2.12/28(木)~2024年1/5(金)まで、年末年始でお休みします。




nice!(0)  コメント(0) 

2023年11月の測定結果 [測定結果]

 11月の測定結果をお知らせします。

202311.jpg

 主な検出例の紹介
<11/10茨城の干し芋>
20231110茨城干し芋.jpg

<11/20茨城の干し芋>
20231120茨城干し芋.jpg

 共に、Cs137(331ch)にピークがはっきりと示されています。
K40のコンプトン散乱の補正で3.1Bq/kg(下限値1.6Bq/kg)と
2.4Bq/kg(下限値1.1Bq/kg)となりました。事故後12年経過しようと
していますが、まざまだ残存しています。

 一方、<11/26福島の安納芋>はCs137(331ch)のピークはあるものの
濃度はK40のコンプトン散乱の補正すれば、
下限値(0.6Bq/kg)未満なので、検出限界未満です。
参考までにスペクトル表を示します。
20231126福島サツマイモ.jpg




<11/28~30茨城自宅玄関前の土>
20231130茨城自宅玄関前の土.jpg

 K40のコンプトン散乱の補正して、26.3Bq/kg。
2018年にこのご自宅周辺の土を測定しています

 この時は、最高約700Bq/kgでしたあので、時間の経過と共に
セシウムは減少していったと思われます。
 約7年経過していますが、まだまだセシウムなどの
放射性物質が残存しています。

 ※当測定所は12/28(木)~2024年1/5(金)まで年末年始の
閉所とします。新年1/6(土)より通常活動に戻ります。
 
 



nice!(0)  コメント(0) 

12/2(土)子ども脱被ばく裁判 勝利判決を! 西日本集会 [イベント紹介]

12.2kodomo-saiban.jpg

 12/2(土)子ども脱被ばく裁判 勝利判決を! 西日本集会

 日時:12/2(土)13時開場 13:30開始
 場所:高槻クロスパル 5F視聴覚室
   JR高槻駅南口 東隣
 参加費:500円(資料代

 講演は弁護団長の井戸弁護士。井戸弁護士は嘗て裁判長時代に
原発の再稼働を止めたこともある気骨ある弁護士。
 演目は「子ども脱被ばく裁判を取り組んで言いたいこと」です。
 国や東電の責任を問う原告団の報告も必聴です。

 ※オンライン参加も可能です。sasaerukainishi@gmail.com 宛てに
 名前明記の上、前日の12/1までに申し込めば、当日の接続方法が
 連絡されるとのこと。




nice!(0)  コメント(0) 

2023年10月測定結果 [測定結果]

 10月の測定結果をお知らせします。測定器ZIPの調子もよく
14品目の測定ができました。

 一覧をご覧下さい。

page001.jpg

 群馬の天然マスタケと岩手のアミタケは高濃度汚染でした。
前の記事で詳細を報告していますので、そちらをご覧下さい。

<10/25福島のムカゴ>
 ムカゴは山芋の葉にできる粒状の「肉芽」です。
ムカゴとお米を一緒に炊いた「ムカゴご飯」や天ぷらなどに
しても美味しく食べることができる食材。
 その福島産(いわき市近辺)のムカゴを測定しました。
20231025福島ムカゴ.jpg

 Cs137(331ch)にピッタリとピークが現れています。
K40のコンプトン散乱の補正を行い、2.2Bq/kg(下限値0.6Bq/kg)
です。

<10/30福島の春菊>
 同じく福島産の春菊を測定。栽培方法はわかりません。
20231030福島春菊.jpg

 Cs137(331ch)に小さなピークありますが、Csallでも0.3Bq/kg
(下限値0.7Bq/kg)ですし、殆ど誤検出と判断しました。

 「福島だから危険」との即断は禁物です。どんなものでも
一度しっかり測定してから判断することが大事と改めて
再確認したいものです。

 本測定所は「食べるなら1Bq/kg未満の食材を!」をモットーとして
測定活動を行っています。



nice!(0)  コメント(0) 

秋の味覚岩手県の「アミタケ」の測定結果  [測定結果]

 秋に入り天然のキノコが各地で採取されて販売されています。
通常のルートでは「100Bq/kg以上」(これ自身は酷い基準)のものは
流通しないことになっているかもしれないが、個人が山で採取した
キノコは検査をしていないので非常に問題があるのでは?と思います。

 1.そんな中、個人が採取した岩手県の「アミタケ」が持ち込まれました。
岩手アミタケ.jpg

 測定結果のスペクトルをご覧下さい。

20231010岩手アミタケ.jpg

 測定開始するやいなやCs137のピーク(331ch)がびっくり
するくらい立ち上がりました。通常は20時間測定するのですが、
今回は20分で測定をやめました。
 K40のコンプトン散乱の補正重量補正で492,1Bq/kg(下限値は20.1Bq/kg)
です。味噌汁にいれたり、天ぷらにすると美味しそうですが、
危険です。環境省の100Bq/kgの基準も大幅に超えています。

 しかし、それにしても原発事故後の東北地方に降り注いだ
放射性プルームが森林や土壌を恐ろしいほどに汚染したことが改めて
実感させられる結果となりました。

2.群馬のマスタケ
 群馬県山中で採取されたもの。天ぷらにすると美味だそうです。

群馬マスタケ.jpg

 結果のスペクトルをご覧下さい。
20231003群馬マスタケ.jpg

 これもCs[137(331ch)にピークが立ち上がりました。
K40のコンプトン散乱の補正、重量補正で8.9Bq/kg(下限値1.2Bq/kg)と
なりました。こちらは基準値以下ではあります。

 このように原発事故後の山林、土壌汚染は深刻です。山の恵みは
魅力的ですが、くれぐれも内部被曝にご注意下さい。健康に直ちに
影響する訳ではないですが、長期的に見れば、非常に危険です。
 因みに一度体内に取り込んだ放射性セシウムは順次体外に排出され
1ヶ月で半減する(生体内半減期)との研究結果がありますが、体内には
全部排出される(追加のセシウム摂取がないとしても)には相当の年数が
必要です。

 食物の汚染が気になる方は是非検査依頼して下さい。輸送による
検査受付を行っています。

nice!(0)  コメント(0) 

2023年8月9月測定結果について [測定結果]

 検査機器の修理、夏休み、K40バックグラウンドの再作成などで
7月、8月は測定が殆どできませんでした。やっと、通常の形に戻ったところです。

 そこで、8月末~9月の測定結果をお知らせします。

 202308-09.jpg

 主な検出例を2つ紹介します。

<9/13福島乾燥椎茸>
 表示には「菌床栽培」とあります。製品をミキサーにかけて
粉状にして測定しました。
20230913福島乾燥椎茸.jpg

 Cs137のピーク(331ch)に綺麗なピークがあります。
K40のコンプトン散乱の補正と重量補正して9.5Bq/kg(下限値1.1Bq/kg)
となりました。
 椎茸は美味しい出汁がとれますが、セシウムは水によく溶けるので
私が絶対に料理に使いません。

<9/14,21福島萱の実>
萱の実.jpg

 ご自宅の庭にある「萱の木」には写真のような実がなるそうです。
それを煎って実の中の種部分を食べるとのこと。
 実を殻と一緒にミキシングしたもの(9/14)と殻を剥いて
実だけをミキシングしたもの(9/21)をそれぞれ測定しました。

20230921福島萱の実(実のみ).jpg
 Cs137のピーク(331ch)がクリアです。K40のコンプトン散乱の補正と
重量補正を行って8.5Bq/kg(下限値1.1Bq/kg)

 これからも、内部被曝をしないために、職人の放射能測定を
お薦めします、検体の郵送持ち込みも受け付けていますので
是非ご利用下さい。

nice!(0)  コメント(0) 

10/8(日)核兵器のない世界をつくる  行動する若者たちに学ぶ  京都・市民放射能測定所講演会 [イベント紹介]

231008京都講演会チラシ-1.jpg

活発な活動を行っている京都測定所のイベントを紹介します。

+++++++++++++++++++++
 核兵器のない世界をつくる
 行動する若者たちに学ぶ
 京都・市民放射能測定所講演会
+++++++++++++++++++++

 高橋悠太さん(一般社団法人かたわら代表理事)講演
 倉本芽美さん( 高橋悠太さん(一般社団法人かたわら代表理事)講演

 【日時】10月8日(日)14時開始16時30分終了
 【場所】こどもみらい館 第一研修室 
     (最寄りは京都地下鉄丸太町駅)
 【資料代】500円
 
 (オンライン参加も可)
  ZOOM参加ご希望の方は、下記(こくちーず)からお申込みください。
  https://www.kokuchpro.com/event/33d4f044d319a1dfba633ffd2a05b045/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 核兵器の脅威、原発事故、放射能による被害、みんなつながっています。
 核兵器は、製造、実験、使用、処理、すべてのプロセスでヒバクシャを生み出します。核兵器による安全保障の体制は、誰かを犠牲にする前提で成り立っています。そうした体制は、限界を迎えています。

 核の使用のリスクも、日に日に高まっています。この世界に生きる全員のかたわらに「核の脅威」は存在しています。全員が核の時代の当事者です。

 核兵器のない世界をつくるために、行動する若者と出会いました。
 高橋悠太さん(一般社団法人かたわら代表理事)と、倉本芽美さん(学生団体「KNOW
nice!(0)  コメント(0) 

9月8日「ALPS処理汚染水差止訴訟」 福島地裁へ提訴! [ニュース]

【9月8日「ALPS処理汚染水差止訴訟」 福島地裁へ提訴! 事前集会・報告集会のお知らせ】

 年8月24日、国と東電は、ALPS処理汚染水の海洋放出を強行しました。
漁業者との「関係者の理解なしにはいかなる処分も行わない」という
約束を遵守すると言いながら、福島県漁連だけではなく全国の漁連の
強い反対の声を無視し、「一定の理解が得られた」とは、誤った
政策決定だと言わざるを得ません。
 国内外の海洋放出に反対する声を無視して、原発事故被災者にさらなる
苦悩を強い、海洋汚染を広げるALPS処理汚染水の海洋放出は、許されません。
 漁業関係者と市民が立ち上がり、「ALPS処理汚染水差止訴訟」を9月8日、
福島地裁に提訴します。
 事前集会、報告集会は、どなたでもご参加いただけます。
また、報告集会はライブ配信があります。(事前申し込み不要です。)

●報告集会(14時頃)のライブ配信があります。下記のアドレスから、どなたでもご覧いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=tIgY2WKRtns
nice!(0)  コメント(0)