SSブログ
2024年06月| 2024年07月 |- ブログトップ

7/15(月/祝)老朽原発うごかすな! 能登での反原発のたたかい [イベント紹介]

20240715老朽原発チラシ.jpg

地元高槻で次の講演会があるので、紹介します。

7/15(月・祝)老朽原発うごかすな!
 能登での反原発のたたかい -珠洲と志賀-

 14:00~16:30 クロスパル高槻(JR高槻駅側)5F視聴覚室
 講師:北野 進さん 報告:木原 壯林さん
 資料代:700円 主催:反原発自治体議員団・市民連盟関西ブロック
nice!(0)  コメント(0) 

2024年6月の測定結果について [測定結果]

 6月の測定結果です。
page001.jpg


 ウッドチップについては既に報告しているので、それ以外の主な
検出例について説明します。

<岡山と茨城の干し芋>
 同じ干し芋でも岡山産と茨城産の違いをスペクトル表でみて
もらいます。
 まず<岡山>
20240615岡山干し芋.jpg
 Cs137(331ch)に小さなピークありますが、量は
少なく、検出限界未満(下限値1.3Bq/kg)です。

一方、茨城のものは
20240626茨城干し芋.jpg

 Cs137(331ch)に大きなピーク(赤い縦棒に注意)があります。
K40のコンプトン散乱の補正と重量補正を行い、3.6Bq/kg(下限値は
1.2Bq/kg)です。スペクトルの形状の違いに注目してもらいたいです。

<6/16福島のカレイ>
 大阪で売られていた福島のカレイが持ち込まれました。
202406016福島カレイ.jpg

 数値は0.5Bq/kgとなっていますが、Cs137(331ch)に
ピークはない(マイナス1)し、330chにもピークはないので。
数値は誤検出と考えて良いでしょう。
 何物も予断を入れず測ってみることが大事を改めて確認したいものです。」
※ただ、この測定器ではK40とセシウム134と137しか測ることは
できません。

 お知らせ:8/8(木)~8/18(日)までお盆休みします。

  <測定一覧表を見る上での留意点
※註1 いつも申しておりますが、測定値は絶対的なものでは
ありません。放射線の出具合も同じではないし、測定環境
にも左右されるからです。出ている数値はセシウムの質量では
なく濃度です。(よく勘違いされる方がおられるので念のため)

※註2使用している測定器の6面(4㎝鉛)には別に底辺に厚さ5㎝、他の5面に厚さ2㎝の鉛版で被覆し、
更に、ワインセラーに収納して長時間測定で起きる温度ドリフトを
低減させています。その結果、320g定格ならば、20時間測定で
下限値0.6Bq/kgまで測定できるようになりました。

※註3 本測定所では、「測定値のみを公表」するのではなく、
その根拠となる「スペクトル表」を示すことが責任ある立場と
考えています。もちろん、依頼者にはスペクトル表を
つけて結果をお知らせしています。

※註4 この測定器では、ごく少量のセシウム検出でも信頼性のある値が 得られるのはCs合計値になるようにアルゴリズムが作られています
詳しくは、この記事をお読み下さい。




nice!(0)  コメント(0) 

2024年06月|2024年07月 |- ブログトップ