SSブログ

5月の測定結果 ウッドチップから16.5Bq/kg! [測定結果]

 5月の測定結果をお知らせします。

202405測定一覧.jpg

 主だった検出例を紹介します。

<4/27福島のコゴミ>
20240428福島コゴミ.jpg

 量はすくないものの、セシウムのピーク(331ch)が明確です。
K40のコンプトン散乱の補正と重量換算を行い、1.1Bq/kgとなりました。

<4/28茨城のサツマイモ>
20240429茨城サツマイモ.jpg

 これもCs137のピーク(331ch)がクリアーに出ています。
K40のコンプトン散乱の補正と重量換算を行い、2.5Bq/kgとなりました。

<5/29愛知のウッドチップ(ブレンド)>
20240528ウッドチップ.jpg

 K40のコンプトン散乱の補正と重量換算を行い、16.5Bq/kgとなりました。
 ここが製作する「ウッドチップ」はよくDYIの店舗で売られています。
キャンプ等で燻製を楽しむことも多いと思いますが、
これほどのセシウムは危険です。「新鮮な国内原木使用」と
商品説明ありますが、どの地域の原木を使用しているのでしょうか?

 そこで、この会社の他の材質のウッドチップを自主測定することに
しましたので測定できましたら結果をアップします。

  <測定一覧表を見る上での留意点
※註1 いつも申しておりますが、測定値は絶対的なものでは
ありません。放射線の出具合も同じではないし、測定環境
にも左右されるからです。出ている数値はセシウムの質量では
なく濃度です。(よく勘違いされる方がおられるので念のため)

※註2使用している測定器の6面(4㎝鉛)には別に底辺に厚さ5㎝、他の5面に厚さ2㎝の鉛版で被覆し、
更に、ワインセラーに収納して長時間測定で起きる温度ドリフトを
低減させています。その結果、320g定格ならば、20時間測定で
下限値0.6Bq/kgまで測定できるようになりました。

※註3 本測定所では、「測定値のみを公表」するのではなく、
その根拠となる「スペクトル表」を示すことが責任ある立場と
考えています。もちろん、依頼者にはスペクトル表を
つけて結果をお知らせしています。

※註4 この測定器では、ごく少量のセシウム検出でも信頼性のある値が 得られるのはCs合計値になるようにアルゴリズムが作られています
詳しくは、この記事をお読み下さい。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。