So-net無料ブログ作成

前橋に送られた汚染チップはやはり粉砕処理され、汚染堆肥に! [ニュース]

 高島に不法投棄された汚染チップについて前回、
「汚染されていない堆肥と混ぜて市場に流されている
のでは?と危惧します。なにしろ、堆肥の放射性物質の
「基準」は400Bq/kgですから」と書きました。

 原発事故以前では、廃棄物の基準は100Bq/kgでした。
それが今や8000Bq/kgであることを利用して、
粉砕処理して全国に汚染を拡散していた。

やはり、私の「悪い予想」は当たりました。
新聞報道によると次の通り。
8000Bq/kgに基準を改悪した環境省、汚染を知らせない
滋賀県、汚染度合いを測らない前橋市。
行政の怠慢!いやわざと対応しなかったかも?
もしそうであるとしたら、これは「不作為による犯罪」とも
言えるだろう。


2015年9月18日

 前橋市は十七日、滋賀県内で不法投棄された
木くずを処理した市内の産廃処理施設内で
今年四月、空間放射線量を測定したところ、除染が
必要となる国の基準値を下回っていたと発表した。
 市によると、この処理施設では一三年十二月から
一四年二月にかけて木くずが順次持ち込まれ破砕
処理されていた。測定は一年以上経過した後に実施
したことになる。処理後は市外の業者に売却されたという。
 市は今年四月までに、この中間処理業者を立ち入り
調査したが、産廃処理法などの違反は確認されなかった。

 滋賀県から市側に知らされたのは昨年十二月で、市の
担当者は「持ち込まれた時点で知らされていれば、
その時に線量を測ることもできたが、知る手だてが
なかった」と話した。


滋賀の汚染木くず:指定廃棄物ではない 
前橋市、売却先は公表せず /群馬

 東京電力福島第1原発事故で放射性セシウムに
汚染された木くずが滋賀県に不法投棄され、前橋市に
運ばれて破砕処理されていた問題で、前橋市は17日、
「木くずは指定廃棄物ではなく、廃棄物処理法の規定に
沿って適正に処理されていた」と発表した。
処理された木くずの売却先は公表しなかった。

 前橋市などによると、2013年12月~14年2月、
放射能汚染された木くず約310立方メートル分が
市内の産業廃棄物中間処理業者に持ち込まれ、
破砕処理された後、市外の複数の業者に売却された。
投棄された時点でのセシウム濃度は最大1キロ当たり
3900ベクレルで、指定廃棄物の基準値(1キロ当たり
8000ベクレル)を下回っていた。市が滋賀県から市内の
処理施設に搬入されたと知らされたのは14年12月。
既に木くずは売却済みで、施設内の空間放射線量は
除染を必要としない値だった。

 この事件では、廃棄物処理法違反罪に問われた
東京都のコンサルタント会社社長が昨年12月、
大津地裁で執行猶予付きの有罪判決を受けている。
判決によると、社長は原発事故で汚染された福島県の
木くずを滋賀県高島市に不法投棄していた。地裁が
今年7月、大津地検に捜査報告書の開示を命じる
決定を出し、地検が最高裁に特別抗告している。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0